キラキラしている人を見て羨ましいと思った時の私の対処法。きっかけは本田健さんの言葉。




先日、me:paka編集長のみのりんの記事を読んで、「みのりんも嫉妬とかあるんだー。」とさらに親近感湧いてしまいました。

私の中ではみのりんこそ、キラキラ輝いている人なのに、そんなことも思うんだなーっと。

みのりんとは、朝活サロンの主宰者で朝活研究家。

みのりさんのブログはこちらhttp://www.minorijinsei.com/

 

みのりんと出会えたことで、熱い仲間に出会え、私の良い部分を引き出してもらえた。

人生が加速したことを実感している、すごいサロンなのです。

 

みのりんの記事を読んで思ったのが、キラキラ輝いている人を見て嫉妬する(羨ましいなと)のは、きっと共通していることなんです。

嫉妬と感じた気持ちをどうするのかによって違ってくるんだと私は思います。

 

比べてどう思ったのか?どのような行動をしたのか?どう活かすのか?

違う視点から見ると随分と違ってくるんだなーっと思います。

 

みのりさんの記事はこちら:輝いている人をみて、嫉妬してしまう。そんな時に思い出してほしいこと。

 

本日は、キラキラと輝いている人を見て私はどうするか?の対処法についてお話しします。

 

キラキラ輝いて見える人ってどんな人?

SNSで周りの人の近況を読んでへこむ人、SNSにアップする為に必死になってる人、ひと昔前にはなかったようなことで、心が乱れやすい環境になってしまっている世の中。

 

キラキラ輝いて見える人ってどんな人なのでしょう。。

 

リア充(リアルが充実している人っていう意味なことを最近知った人)

自分が良いなと目指している理想を実現している人

いつも楽しそうな人

気遣いができる人

周りからの愛され、信頼されてる人

自分の考えをしっかりと持っている人

自分の進むべき道に向かって頑張っている人

 

輝いている人のモデルは、みのりんやサロンの仲間を見て感じたことを書いてみました。

どうでしょう?何か思われましたか?

 

人生がキラキラと輝いている人を見て比較してしまう

キラキラ輝いて見えてしまう時は、きっとあなたは疲れている時なんです。

自分自身がちょっと満足できていない時。

疲れていて、他人を攻めたり、自暴自棄になってへこんだりして、満たされない想いを埋めようとしているだけ。

 

自分自身が満たされていれば、他人と比較してもさほど気にならないですし、比較しない。。笑

自分のやるべきことが見えていれば、自然と充実しますし、心も満足しているので周りに振り回されることはありません。

 

むしろ、自分も周りもキラキラしていると、良いことが引き寄せられます。

 

 

本田健さんの言葉をきっかけに対処できるようになった

元々、自己肯定感が低い私。

自分に自信がないくせに、人と比較してヘコんだりしがちでした。

キラキラ女子になりたくて、キラキラな本を読むけれど、理想が高すぎて今の自分と比較していまし、さらにへこむこともありました。

 

そんな時、本田健さんのポッドキャストで素晴らしいことを聞きました。

相手の喜びを自分のことのようにに喜んで「次は自分の番だ!」と思うこと。だそうです。

 

例えば、友人が留学することが決まり「おめでとう〜」と心の底から喜んで、心の中で「次は私の番だなー」と思うことだそうです。

そうすると、いつの間にか自分も行きたかった国へ留学できた。というもの。

 

「次は私の番」ってなんの根拠があるのだろうか?と考える必要はありません。

 

私の中で、この言葉はおまじないのようなものです。

「よかったねー。」次は私の番かなーっと気軽な感じで思うだけです。

私は、この言葉で随分救われました。羨ましがったりせずに、素直に次は私かな?とワクワクだけが残ります。

 

羨ましいって思うことは、自分の理想を実現している人が目の前にいるってこと。

そう思うと、嫉妬というよりか先輩の眼差しで見れるし、学べます。

 

今の幸せを実感し、感謝する。

 

本田健さんの言葉をきっかけに、人と比べたり、自分に足りないものばかりに目を向けなくなりました。

もっと、自分を好きになろうということに力を注ぐことにしました。

 

今の自分を見つめると、色々あるけれど健康で生きていること、信頼できる夫と可愛い娘や家族、友人が私を支えてくれていることのありがたさを改めて感じるようになりました。

 

夫にも感謝の気持ちを言葉で伝えたり、メールで送ったりするようになりました。

 

その他の対処法

自己肯定感を高める為に、今も日々意識して過ごしています。

心がギスギスしている時は、体も疲れている時が多く、「私、疲れてるんだ」と感じ、すぐに労わるように自分を甘やかしています。

自分を甘やかすことに罪悪感を感じていましたが、今は疲れを回復させる為と思い、大好きなお菓子やゴロゴロと無駄な時間も過ごしたりと、だらだら時間も労わる時間として自分の中でよしとしています。

自分に甘々の私は、他にも対処策があります。

 

モーニングページで嫉妬や妬みなどドロドロの気持ちをそのまま書き込む

 

羨ましいなー。と思ったり、あの人素敵だなーっと思った時は、モーニングページに書きます。

そのままの気持ちを書きます。

 

例えば、「羨ましいなと思う私は、今嫉妬している。嫉妬している自分は嫌だな」とか思ったことをそのまま書くだけです。

モーニングページを使って内省するのも一つの対処法です。

 

鏡に向かって自分を褒める

何かの本で読みました。何の本だったか忘れましたが、鏡に映る自分に向かって「今日もよく頑張ったね」とか褒めるんです。

始めは恥ずかしいけれど、慣れてくるとなんてことないです。。笑

 

鏡に向かって褒める方法は、私はなかなか定着していませんが、続けると効果はあると実感しています。

 

 

終わりに

キラキラ輝いている人に憧れから、嫉妬に変わったりすることは誰にだってあることなんです。

ついつい他人と比較しがちなのもあるあるです。

みんな口にしないだけで、誰もが経験していることです。

 

それを、みんな同じだからと繰り返すだけの人生にするのか、しないのかだけです。

 

同じ人間だけど、みんなそれぞれ違うのです。

今の自分を受け入れ、認め、褒めて甘やかして、自分で自分を育てつつ、あなただけの人生を歩んでいきましょう♬

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました( ´∀`)

片付けカードワークセミナー:https://simplekurashi.info/blog/cardwork-lesson-contents-hakata3-28-2018/

【オンライン】90分で元気になれる!みどりんの部屋90分チケット:https://simplekurashi.info/blog/servicemenu-onlinetalkticet/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住。整理収納アドバイザー 福岡市に在住。7歳児の母。 ざっくりな私が気持ちよく生活できる暮らしと育児を研究中。 親子登山や外遊びなどの記録もあり。