【整理収納】「もったいない」に縛られるともっと損をする?




こんにちは。福岡の整理収納アドバイザーみどりです( ´ ▽ ` )

片付けで大事なのは、収納技よりも収納スペースよりも何よりも、今ある物を整理することから!

例えば、押入れやクローゼットの奥底に眠っている「あんな物」や「こんな物」を「要る」「要らない」と分けて、使っていない物は処分したり、譲ったりしましょう!と言うことを日々お伝えしています。

でもね、実際「捨てる」となったら最初のうちは勇気がいるもんですよ。

ついつい「もったいない」という「損する」ことに意識が向いて、処分することで今後どうなるのか?未来のことを考えていないことって多いんです。

これは、お洋服などの物に限らず、お金や手間ひま、労力、時間など。。いろんなことにいえます。

 

先日、時間がもったいないなーっと思ったことを体験したので、ツイートしました。

 

 

全く同じ出来事ではなくても、これに似たことをみなさん必ず体験されていませんか?

このサンクコストは誰もが一度や二度ではなく、いろんな場面の選択の際に経験していることなのです。

 

目に見えない時間や、高価な物、など、一瞬手放すをの躊躇う「コト」や「モノ」や「時間」「気持ち」

一瞬でも手放そうかなと思った時点で、もしかしたら、そんなに価値がないのかもしれないですね。

 

あなたの周りにもいろんなサンクコストがあるはず!

時には意識して、心を整えてはいかがでしょうか?

 

本日も最後まで読んで下さってありがとうございました( ´ ▽ ` )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住。整理収納アドバイザー 福岡市に在住。7歳児の母。 ざっくりな私が気持ちよく生活できる暮らしと育児を研究中。 親子登山や外遊びなどの記録もあり。