スポンサーリンク



【時短】干すのは好きだけどたたむのは面倒。「洗濯物をたたむから収納する」の流れを時短ワザ

こんにちは整理収納アドバイザーmidorです。

先日、私のお気に入りの家事アイテムをご紹介しました。

私はこれで、洗濯物を取り込んむ→たたむ→収納するという流れを時短できました。

洗濯物は干すのは嫌いではないけれど、取り込んで、たたんで、更に仕分けて

家族ごとに収納するっていうのが面倒。

 

子供が大きいと収納は子供に任せるのですが、今は保育園の服を決まった場所に

収納するよう声をかけていますが、なかなか。。。

今は、

「保育園から帰ってきたら、リュックの中を出す。」

「保育園の準備をする。」

「食事の準備を手伝う」

に定着させるように力を入れています。

 

話は外れましたが、わが家の洗濯物事情は最後まで私がしています。

 

特に私は、たたんだ後に収納するのが面倒。

そこで、ご紹介した折りたたみランドリーバスケットを使って、時短することができました。

 

関連記事:【洗濯】いろんな用途にも使える!折りたたみランドリーバスケットを愛用。時短にも。

折りたたみランドリーバスケットではなくても、もちろん大丈夫。

 

5人家族の友達にもこの方法を教えたら、取り込み→たたむ→収納までに15分以上かかっていたのが、

7分弱で終わったとのこと。

 

少しの時間でも、時短ができたこと。めんどうな洗濯物の取込みからの作業が少し楽になったと

言ってもらえて嬉しかったです。

その方法は。。。

 

洗濯物を取込みながらたたむのがポイント

 

なーんだ。って思われるかもしれませんが、たたむ順番が大事

 

基本的には収納する場所ごとに、たたんでいきます。

わが家の場合だと、、、

①洗濯物を和室でランドリーバスケットに取り込む。

②洗面所付近に収納している下着、タオルをたたみながら、ラインドリーバスケットに収納

③一番離れた部屋に収納する洋服を、家族別にたたみながら、ランドリーバスケットに収納

図のようにランドリーバスケットに収納します。

その後、下図の順番で洗濯物を収納し、洗面所がゴールになります。

上のランドリーバスケットに収納した色場所ごとに収納していきます。

これは、わが家の場合なので、動線は家の間取りや収納場所によって違ってきます。

ゴールの洗面所についたら折りたたんで収納してもいいですが、私はそのままにしています。

何かを一時的に入れたい時が結構あるので、そのままに。

 

例えば、

買い物してきた食料品が入った袋をそのまま入れて、冷蔵庫横に移動し、

食品を冷蔵庫に入れたり。。。

 

帰宅して、すぐに出かける時にバッグを一時的に置いたりしています。

 

洗濯物をたたんで、収納する作業が一番苦手な私は、この方法にしてから、

ずいぶん楽になりました。

 

まとめ

「洗濯物をたたむから収納する」の流れを時短ワザ

取り込みながらたたむ

たたむ時は、収納する場所ごとにまとめる。

たたんだものを洗濯カゴに入れるは、収納する順番に入れる。

洗濯カゴを移動しながら収納する。

こうすることで、無駄な動線が減り、時短に繋がります。

本日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【ご案内】
片付け相談サービス
片付けに関するお悩み相談をカフェやZOOMを使って承っております。お気軽にお問い合わせ下さいね!
収納プランは別途要相談片付け相談サービス詳細はこちら
<個人向け 整理収納コンサルティング&整理収納サービス>マンツーマンで整理収納を学びたい、家を片付けてほしいという方は個人向け整理収納サービス 詳細はこちら片付けながら不要な物は売りたい。
捨てたいけれどもったいなくて捨てれないという方は

整理収納サービス×メルカリ出品サポート 5時間パック

整理収納サービス×メルカリ出品サポート 詳細はこちら

セミナー講師や記事執筆業も行なっております。
詳しくはこちら>>
福岡の整理収納アドバイザーたがわ みどりについてはこちら

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
イラスト多めで整理収納のちょっとしたポイントをご紹介
Instagramはこちら>>
https://www.instagram.com/midorinokataduke/

Facebookはこちら>>
https://www.facebook.com/fukuokakataduke/