DIY キッチンの扉をセルフリフォーム その2 完結編 

少し前の写真です

わが家のキッチンは20年以上経つ古いI型キッチンです。

扉の色が気に入らなくて、ずっとどうしようか考えていました。

壁紙を貼ろうかんなど悩みましたが、色々考えすぎて、とりあえず白くペイントしてみることにしました。

簡単だったし、狭いLDKのわが家が少し、若干スッキリして広く見えるようになりました。

今日は、キッチン扉にペイントしたお話です。

壁紙にしようか悩んだ記事はこちら

DIY キッチンの扉をセルフリフォーム その1 壁紙選び

 

キッチン周りは色々模様替えしています。

狭いキッチンのレイアウトを変更してみた その1

狭いキッチンのレイアウトを変更してみた その2

狭いキッチンのレイアウトを変更してみた その3 完結編

 

キッチンの扉をペイント1 まずは材料のご紹介

 

 

ペンキが¥980であとは¥1,000くらいで、合計¥2,000位でした。

透明の使い捨てバケツは結局使いませんでした。

以前、家具(引っ越しの際に処分しました)にペイントした時、なんの知識もなくただハケで塗ったので、色ムラがあるし、ペンキを弾くしで大失敗でした。

それから数年、いろんなところをペイントしたい気持ちはありましたが、失敗が怖くてなかなか手を出せませんでした。

今回はとりあえず片面塗ってみて、失敗したら上から壁紙を貼ろうということになり、試しに塗ることにしました。

扉の取手もこれを機に付け替えることにしました。

いい形の取手がなかなか、見つからなかったのですが、こちらに決めました!

[amazonjs asin=”B01N5A7PQQ” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”lewu ハンドル ドア取っ手 つまみ 丸い セラミック 10個入れ 戸棚ノブハンドル ネジ付き (黒Sサイズ10個)”]

取手はハンドルタイプを探していましたが、元がつまみタイプなので、同じタイプにしたら取り付けが簡単でした。

 

キッチンの扉をペイント2 ペイント前に下処理する

家具の表面の材質はは化粧合板といって、綺麗に加工された板だったりします。

うちのキッチン扉は木の上にカッティングシート?なのか何か木目のモノが加工されていました。

直接塗ったらペンキを弾くと思い、扉をキレイに拭いてから、ヤスリがけをしました。

左がBefore、右がafterになります。

下処理については壁紙屋本舗さんを参考にしました。

壁紙屋本舗さんのページはこちら

 

ヤスリがけは結構時間がかかります。電動のモノがあると便利でしょうね。

[amazonjs asin=”B001U6D7LW” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”EDS-100 MK ミニデルターサンダー 25-526″]

そのあとに、ペンキ用のマスキングテープで簡単に養生しました。

簡単にした為、塗り終わったあとに「こんなところにペンキが飛んでいる!!」ということがあったので、みなさんは入念に養生することをおすすめします。

塗装で一番大事なのは、養生やヤスリがけの下処理のようなので、養生は慎重にすることが良いみたいです。

 

キッチンの扉をペイント3 ローラーで塗ると簡単で綺麗に仕上がる

次にやっとキッチンの扉にペンキを塗っていきます。

実はヤスリがけを写真の面だけしました。

始めは、試しに塗るつもりが、ローラーでコロコロするのが楽しくて、結局全てのキッチン扉をペンキで塗ることになりました。

目に見える部分だけ塗ったので、扉の裏などは塗っていません。

ヤスリがけした方がペンキがよく浸透しましたので、二度塗りで完成。

他の部分は三度塗り以上して仕上げました。

塗ってみて思ったのが、色ムラを避ける為にヤスリがけするんですが、ペンキの量も節約できます。

ペンキの量が少ないと、乾きも早いので楽です。

今回は、キッチン扉に直接塗ることができましたが、何度も塗ったので結構時間がかかりました。

やっぱり、ヤスリがけを怠ったのがいけなかったと少々反省。

ヤスリがけが面倒なら、プライマーというスプレーがあるのでいいですよ。

[amazonjs asin=”B0058MOMPO” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”染めQ プライマー スプレー ミッチャクロン マルチ 420ml”]

ヤスリをしなくて、スプレーをして乾いたらペンキを塗ることができるんです!!すごい!!

 

キッチンの扉をペイント4 after 完成しました!

キッチンの引き出しのつまみは、つまみを取り替えるのに、色々分解しないといけなかったので、断念。

時間に余裕がある時に取り替えようと思います。

白い扉の方が、なんだかスッキリして、狭いキッチンが広く感じます〜( ´ ▽ ` )

大満足でした。

ペンキ塗りに自信がついてきたので、今年のやりたいことリストにある、巾木を塗ったり、扉を塗ったりすることも夢では内容な気がします!!

ペンキ塗りは乾きが早い、夏に集中させたいと考えています。

次は、シューズボックスを白に塗ろうか企み中です。

考えるだけでワクワクする〜。

セルフリフォームは、自分が作り上げていくのが楽しいし、完成した時の達成感はなにものにも変えられません。

キッチンの扉をペイント5 まとめ

1.キッチンの扉をペイントするのに必要な材料

ペンキ、ローラー、バケット、ハケ、養生するためのマスキングテープ

2.ペイント前の下処理が大事!

ヤスリがけする→面倒な場合は市販の専用スプレーですれば簡単

養生する→塗装中に、ペンキが跳ねたり、垂れたりするので、新聞紙やマスキングテープでしっかり養生することがとっても大事!

3.ローラーを使えば誰でも簡単にキレイな仕上がり

端っこなどの細かい部分はハケで塗りますが、あとはローラーでゴロゴロすればOK!

簡単でキレイな仕上がりなので、壁紙を貼るよりも私は楽でした。

4.ローコストで部屋の雰囲気がガラッと変わる

それに、壁紙やカッティングシートを貼るよりも、コストが抑えられました。

 

以上、キッチン扉をペイントしたお話でした。

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

それでは、また〜( ´ ▽ ` )/

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【ご案内】

マンツーマンで整理収納を学びたい、家を片付けてほしいという方は

個人向け 整理収納コンサルティング&整理収納サービス

個人向け整理収納サービス 詳細はこちら

片付けながら不要な物は売りたい。
捨てたいけれどもったいなくて捨てれないという方は

整理収納サービス×メルカリ出品サポート 5時間パック

整理収納サービス×メルカリ出品サポート 詳細はこちら

セミナー講師や記事執筆業も行なっております。
詳しくはこちら>>
福岡の整理収納アドバイザーたがわ みどりについてはこちら

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
イラスト多めで整理収納のちょっとしたポイントをご紹介
Instagramはこちら>>
https://www.instagram.com/midorinokataduke/

Facebookはこちら>>
https://www.facebook.com/fukuokakataduke/

「もの、ごと」さんでブログを掲載して頂いております。
TAG index

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください