通信教育 こどもちゃれんじ始めてます。入会してみた感想




IMG_1309上の写真はこどもちゃれんじ ぽけっとのものです

 

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

 

本日は去年から開始したこどもチャレンジの感想です。

 

入会するまでに悩みに悩みました

ママさんなら必ず耳にしたことがある「こどもちゃれんじ」

いろんなところで広告を見かけたり、CMをみたりと知らないうちに記憶の中に刷り込まれているほどです。。。笑

 

なんだかそれがうさんくさくて、出産後すぐの頃はそこまで興味がありませんでした。

 

私が娘を出産する頃、勤務先が出産ブームで、部署が違う方を含めて2年の間に9人の方が出産しました。

そんな経緯もあり、娘と年齢が近い子が身近に沢山いるので、育児休暇中はたまに集まって情報交換をしていました。

その中で、こどもちゃれんじbabyの頃から利用している方が3・4人おり、「DVDもしっかり観て喜んでいるよ。」「絵本も楽しんでいるよ」「月齢に合わせてよくできた教材」とのこと。

 

少し興味が沸いてきましたが、まだ資料請求するまでではありませんでした。

教材もよくみかけるおもちゃに似てるような気がして、自分で買えばいいやっと思っていました。

 

何ヶ月か経ったある日、いつものように誰かの家で集まると、娘より1学年上の子たちはこどもちゃれんじ ぷちのクラスに進級しており、「はみがきトレーニング」「トイレトレーニング」の練習をはじめたと聞きました。

しまじろうのグッズが役に立ったとのこと。

口コミってすごいもので、身近にいる人からの話が一番信頼できるので、なんだかとても魅力的に感じました。

 

これを機にわが家もしまじろうデビューしようか??っと悩むもまだ資料請求はせず。。。笑

 

子ども番組のコーナーごとにトイレや食事、パジャマを着替えるシーンがあるので、それでまねてみよう。まずはそれから初めてみることにしました。

 

はみがきのトレーニングはNHK Eテレの「おかあさんといっしょ」の中で「はみがきじょうずかな」のコーナーを録画し繰り返し見せて練習していました。これは順調に上手くいきました。

 

トイレトレーニングも同じようにしてみようと思い、Eテレの「いないいないばあ」の中でトイレをするシーンがあるので、それを観せて「まねっこしよう」と声かけし、おまるに座ってみせたりしていましたが、なかなかうまくいかず苦戦していました。

 

そんなある日、同じマンションの方に、たまたまこどもちゃれんじの話をしたら「うちも、小学校低学年位までしていたよ。良かったよ。教材でよく遊んでた」とのこと。

 

こんなに身近な方々が口をそろえたかのように「良いよ」って聞くともうせずにはおれませんでした。

しかも、おまるで苦戦していた時だったので、すぐに資料請求しました。

 

ちょうど娘の誕生日が近づいていたし、4月生まれの娘にはちょうどいいスタート時期。

 

っということで、祖父母からの誕生日をこどもちゃれんじ一括払いにお願いすることとなりました。

 

「こどもちゃれんじ ぷち」の感想

 

<DVD>

月齢にあわせた教材とDVD、絵本、親に向けた冊子が必ず入っていました(DVDだけは2ヶ月分が収録されているので、2ヶ月ごとに届きます)

 

DVDを観ていたのは届いた時から数日間の間だけでした。

 

保育園に通っているのもあり、平日は限られた時間しかなく、休日は外遊びを充実させたいと思っており、常にどこかへ出かけるようにしています(大きい公園とか山登りとか。。)

 

その為、観る時間も限られていたのと本人がそこまで気に入っていないようでしたので、わが家ではあまり観る機会はありませんでした。

観るときは観るだけではなく、一緒に歌ったり、踊ったりもしていました。

 

<教材>

教材はとても役立っています。

しまじろうのパペットは何かお願いしたい時や親の言うことを聞かない時に使うと効果的でした。

 

はみがきミラーはDVDで使い方の動画があるのでいっしょにまねてみたり、絵本でも歯磨きをするシーンがあるので連動しており、子どもにはすんなり頭に入りやすい流れになっています。

 

トイレトレーニングもいきなり始めるのではなく、トイレの存在を絵本を通じて知ってもらい、しまじろうのパペットを使ってどのようにトイレをするかというのをDVDで観て体験し、トイレへ行くことを楽しめるようなしくみになっていました。

 

色分けや大きい小さいなどを見分けることができるブロックもよかったです。

あとから追加のブロックが届いて、いろいろ作って楽しめました。

 

ただ、お子様の個性によっては教材が気に入らなくてあまり遊ばないこともあります。

教材全てが、必ず子どもが気に入るわけではないっということを思っておくことは大切だと思います。

 

<絵本>

うちの子は絵本が一番気に入っています。毎晩、読み聞かせの時に使っています。

しかけ絵本になっているページや、シールを貼ったりはがしたりして楽しめるページ、生活についてや読み聞かせ、季節の歌なども盛り込まれていて1冊でとても楽しめる内容になっています。

絵本の効果もでていて、「外では手をつなぐ」生活のページの後には自分から手をつないでくれたりします。

毎月届くのを楽しみにしているみたいです。

何度読んでも今は飽きないようで、前の号の絵本をひっぱりだして読んだりもしています。

うちでは一番役に立っています。

 

<保護者向けの冊子>

月齢に合わせて、今はこんなことをする時期ですよっとかこういう接し方をしましょうとか特集があったりと薄い冊子ですが読みごたえはあります。

子育てに不安を感じている時に読むと、月齢的なものなのかとかよくあるお悩みだったのかっということがわかってスッキリ解決することもしばしばありました。

 

<その他>

「しまじろうクラブ」というのがあり、公式アプリをダウンロードすると教材と連動した遊びや学べるミニゲームのようなものがあります。

私は、こどもにゲームを勧めないタイプなので、たま~にグズり対策の時や寝る前に使ったりしています。

本人は楽しそうにしており、「もっと、もっと」となりますが時間を決めてしています。

 

 

毎月、こども向けの付録つき冊子とおもちゃを買うよりも、教材と連動したDVDがついていたり、アプリで学べたりして月々1,975円から始められるのでおもちゃを買うよりもお得な感じがします。

これがあれば頻繁におもちゃを買う必要もないし、月齢に合わせた教材で「好奇心」「思いやり」「生活習慣」「ことば」「リズムや音」「考える力」が学べるのでお得でいろいろな体験ができるの良いのだと思います。

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住。整理収納アドバイザー 福岡市に在住。7歳児の母。 ざっくりな私が気持ちよく生活できる暮らしと育児を研究中。 親子登山や外遊びなどの記録もあり。